人を助ける仕事がしたい

人助けの仕事と言えば、医療福祉系やリハビリ系の職業が思い浮かぶでしょう。「眼」に関する職業は「視能訓練士」というものがあります。これは眼科の検査や目の機能を正しくするための検査をします。またリハビリ系の職業に就きたい時は、捻挫や打撲を治療する「柔道整復師」が代表的です。なおこれらの職業は人の肉体面を治す職業ですが、精神面のサポートする職業も存在します。

セラピストと心理カウンセラーの違い

セラピスト

何かしら症状を持った患者さんに対して心理療法で改善を目指す職業です。心理カウンセラーとは違い、患者さんの症状を治すためにセラピストから積極的に行動します。

心理カウンセラー

心の悩みを持った相談者に対して、傾聴姿勢で悩みを聞いて共感し相談者の成長をサポートする職業です。深刻な悩みを持っている相談者も多数いるので悩みに対して共感することが非常に大事です。

人の成長をサポートするプロである心理カウンセラーになろう

勉強する人

心理カウンセラーへの道のり

一口に心理カウンセラーといっても様々な種類があります。「臨床心理士」と呼ばれる資格を得たい場合は、大学や大学院へ進学する必要があります。他にも「メンタルケアカウンセラー」というものがありますが、通信教育の学校の専門講座を受講することでも取得が可能です。また心理カウンセラーに関連する資格を取得後の就職先は色々あります。学校や医療機関、または一般的な企業でも需要があり就職先の幅は広いです。

心理カウンセラーの給料

就職先によって給料に幅があります。まず学校で働く場合は非常勤として働くことにより多くの場合が時給制です。そのため月収は13、4万円前後くらいが相場ですが、掛け持ちをすれば更に稼ぐことができます。次に医療機関で働く場合ですが大体の相場は年収320万円前後です。就職先によっては基本給に加え手当を支給しているところもあります。最後に一般企業で働く場合ですが、固定給で支払われ年収は350万円前後です。

心理カウンセラーとしての暮らし

非常勤として働くことが多いため、一箇所だけで働くには生計を立てることが難しいので複数箇所の職場を掛け持ちしている人も珍しくありません。また心理カウンセラーは資格を取って働き出した後も勉強が必要です。そのため心理に関する本を読んだりセミナーに参加したりなどします。また、心理カウンセラー以外にも注目を集めているスクールに東京の占い学校が挙げられ、占い師を目指したい人が通っている専門スクールになります。占い師の場合、今や電話占いなどが人気を集めており自宅にいながらでも働くことができるので自分の好きな時間で働くという人も少なくないでしょう。

心理カウンセラーに向いている人

no.1

人を世話するのが好き

1番心理カウンセラーとして向いていると言えるでしょう。心理カウンセラーは相談者の悩みを聞いてカウンセリングをするので、相手を今後の人生をより良い方向へ向かわせるために頑張る必要があります。世話好きであれば良いカウンセリングができるでしょう。

no.2

心の底からカウンセリングするのが好き

カウンセリングの仕事が好きと言える人は心理カウンセラーとして向いているでしょう。心理カウンセラーはたくさん稼げることが難しい職業です。そのため好きでないと続けていくことは困難だと思います。迷わずカウンセリングをすることが好きと言える方は続けていけるでしょう。

no.3

過去に深刻な悩みを持ったことがある

過去に何かトラウマを抱えた経験がある場合、相談者が抱える痛みにも共感することができると思います。そしてどのようにして乗り越えることができるのか適切なカウンセリングができるでしょう。

no.4

些細なことにも気を配れる

カウンセリングを1回受けただけでは相談者の悩みを解決することができないことも多いです。何回かカウンセリングを受けるうちに相談者の内面は徐々に変化します。小さな変化に気づくことができれば、相談者は大切にされていると実感することができカウンセラーに心を開くことができるでしょう。

no.5

過去に必死で何かにチャレンジしたことがある

カウンセリングのプロとしての技術を取得するのは容易ではありません。時には進歩しなくて落ち込むこともあるでしょう。人によってはそこで挫折する方もいらっしゃいます。しかしながら、過去に何かしら一生懸命挑戦したことがあれば、心理に関する技術を身につけるうえで中々進歩できなくても挫折はありません。

[PR]
柔道整復の資格ゲット
授業を学んで基礎を固めよう

[PR]
心理カウンセラーの資格が取得できる!
人気の高い講座を大公開☆

広告募集中